探偵調査サイト 【タンカツ】

旦那の浮気疑惑が生じた際はそのまま放置せず必ず動き出すことが大切!

旦那の浮気の定義について

一言で浮気と言っても、その範囲や感覚は、人それぞれです。

場合によっては夫婦間でもその感覚がズレている場合もあります。

そのため、妻が旦那が浮気をしていると思っても、その内容次第では、浮気ではない。

ということも起きてしまうのです。

では、実際、世の中では何をもって浮気と言っているのでしょうか。

例えば、仕事関係以外で男女2人きりで飲みに行った場合はどうでしょうか。

お互い恋愛感情がない場合でも人によっては浮気とみなす場合があります。

そのほか、最近では、SNSの投稿やコメントのやり取りも浮気か?そうでないか?もめる夫婦も多くなっています。

もちろん、これら浮気の範囲はしっかりと夫婦間で話し合っておくことが大切です。

そうすることで、お互い勘違いすることはなくなります。

また、民法上の浮気の定義においては、「平和な結婚生活を送るために、お互い夫婦としての義務を果たすこと」に基づいたルールを守ることができているかということになります。

そのため、一方が浮気していると思えば、浮気しているということにもなりかねません。

ただし、多くの場合は不貞行為があった場合のみ浮気として位置づけされることが多くなっています。

旦那の浮気の見破り方

では、旦那の浮気の見破り方はあるのでしょうか。

最も多いのがライフスタイルの変化です。

例えば、出張が多くなったり帰宅時間が遅くなったりと言った変化が見受けられた場合、浮気を疑う必要があります。

休日出勤においても、働き方改革の中、怪しい行為の一つとなります。

次に持ち物や服装の変化にも注意が必要です。

今まで特に気にしていなかった服装などに注意するようになると異性の目を気にしている証拠ともなります。

高価なものを身に着けるようになったり、においなど気にするようになった際には注意が必要となります。

また、スマホの管理においても注意が必要です。

今までリビングの放置でも気にならなかった旦那が常にスマホを持ち歩くようになった。

そしたら、浮気していた。

という話はよく耳にする話です。

夫婦でも勝手にスマホの中身を見ることはお勧めできませんが、そういった旦那の行動から浮気を見破ることは十分に可能です。

これら以外にもクレジットカード払いのチェックや車の走行距離などをチェックすることで暖なの浮気を見破すことも可能となります。

旦那の浮気調査を行う方法

では、実際に旦那の浮気が疑わしい場合、どうすればいいのでしょうか。

その場合、まずは、自分自身で浮気調査を行うことをおすすめします。

まずはスマホのチェックです。

この場合、ロックがかけられている場合が多いため、事前に暗証番号などを予想しておく必要があります。

その中で、チャックする場所は主にLINE。

浮気相手とはLINEで連絡を取り合っていることが多く、その内容を確認しできれば、写真におさめておくことをおすすめします。

もし、スマホのチェックが難しい場合はSNSからでも浮気調査を行うことが可能です。

旦那のTwitterやFacebookを確認し、どのような人とやり取りをしているのか確認することでも浮気相手を特定することが可能です。

例えば、旦那が出張の時に同じ場所でSNSをアップしている女性は怪しいと思って間違いありません。

また、最終的には旦那に問い詰めるといった方法も浮気調査には必要です。

ある程度の証拠を集めることができたら、それを元に突き止めてみてはいかがでしょうか。

人によっては素直に認めることもあると思います。

旦那が浮気していることがわかった際、どうするのか決めることが大切

旦那が浮気していることがわかった場合、どうするのかということは事前に自分自身で決めておく必要があります。

もし、旦那が浮気を認め、それでも、やり直したいというのなら、やり直しても良いと思っているのか?それとも、何があっても離婚したいと思っているのか?この2つを元に今後、自分がどうしていくべきか考えることが大切なのです。

それによって、今後の行動は大きく異なってきます。

もし、浮気が許せず、絶対に離婚しかない!というのであれば、浮気の証拠をつかみ、それを元に離婚。

そして、慰謝料請求を行わなければいけません。

そして、確実に浮気の証拠をつかむためには、少し費用が生じても探偵に依頼することが必要になってきます。

旦那の浮気の証拠をつかむ場合は探偵に相談を

旦那の浮気の証拠をつかむためには、やはり、素人では限界が生じてしまいます。

そのため、費用が必要になっても探偵に依頼することをおすすめします。

探偵に依頼すれば、確実な旦那の浮気の証拠をつかむことが可能です。

もちろん、写真などに浮気現場をおさめることができ、離婚調停などに進展した際にも浮気の証拠として提出することも可能です。

もし、そういった証拠として利用する場合は、初めに探偵に伝えておくことで正式な書面として作成してもらうこともでき安心です。
探偵に依頼すると費用が高いと心配になる人も多いですが、自分自身で浮気調査を行う場合も交通費など様々な出費が必要になります。

そんな出費と労力を考えると、必ずしも探偵への浮気調査が高いとは言い切れないのではないでしょうか。

そのため、もしもの時は前向きに探偵への依頼を検討されることをおすすめします。