探偵調査サイト 【タンカツ】

人妻たちの不倫はなぜ起きる?もう一度女性の花咲かせたいという思いがキッカケ

人妻たちの不倫はなぜ起きる?もう一度女性の花咲かせたいという思いがキッカケ

人妻不倫とは何が原因で深みにはまってしまうのか

人妻不倫が起きてしまうことは、夫婦間でセックスレスぎみになる結婚から3年以上経過して以降に起きやすくなります。

男女ペアでなければ不倫関係は成立しないので、女性側が既婚者の不倫ならば自動的に人妻不倫となるわけです。

実際に人妻不倫に至る理由は個人差があるものの、時間・お金・気持ち・性欲という4つの要素から発生しやすいと考えられます。

夫婦間のセックスレスが進行する状態は、女性は寂しさを感じやすくなる状況を生むか子育てに集中しなければならない状態のどらちかとなりやすいので、人妻不倫へ進んでしまいがちです。

子育てに全勢力を注いでいる間は不倫に至らなくても、ある程度子育てに余裕ができてきたタイミングで魔が差すことは珍しくありません。

では、どのような場合に人妻不倫へ至りやすいのでしょうか。

人妻不倫は時間が自由になるほど魔が差しやすい

人妻不倫は平日昼間が中心となるので、相手の男性も平日昼間に会う時間を作れるタイプの職業が中心です。

専業主婦ならばカルチャースクールやスポーツクラブで知り合うというパターンが多く、パートを始めた段階も同じ職場の男性と人妻不倫となりやすい傾向があります。

パート時間は曜日により変わり、昼間は夫が仕事で不在なわけですから、平日昼間の時間帯で数時間作れる状態ならば人妻不倫を行うには十分です。

夫婦共に正社員勤務の場合には、架空の残業を発生させることで不倫を行えるだけの時間を作ることができます。

人妻不倫はホテルデートを行う時間を確保するために、最低でも2時間程度時間を作る必要があるので、自由な時間を持ちやすい人妻ほど不倫できるわけです。

ストレスを溜めすぎると人妻不倫に陥りやすくなる

夫婦で子育てをしっかり分担している状態ならば、人妻に過度なストレスが溜まる状況を防げます。

子育てに悩む人妻ほど周囲に相談できる相手がいれば良いですが、子育て経験者となる相談相手が男性だった場合、人妻不倫に発展しやすくなるわけです。

共感できる相手男性が聞き上手なほど、子育てによるストレスを解消する方法として不倫相手の男性に癒やしを求めてしまいます。

ストレス発散方法として人妻不倫を選んでいる女性ほど、自宅での子育てを含めた家事全般を完璧にこなしている良妻賢母タイプに見られることが多いです。

しかし、完璧主義に近いほど論理的な行動とは間逆な動きをする子供の相手が苦痛となり、ストレスを自らの内面に抱え込んでしまうタイプが少なくありません。

人妻不倫により性欲開放という形でストレス発散することができれば、日頃の不満点や悩みを忘れることができます。

人妻不倫は職場で女性扱いされることもキッカケとなる

人妻不倫が職場で起きやすい理由として、家庭に戻ると子供の母親という扱いとなり、夫からも女性として見られなくなってしまったと実感している女性ほど女性扱いされた時に感動してしまいがちだからです。

女性としてもう一花咲かせることができるのではないかと思ったタイミングこそ、人妻不倫が職場で起きやすい原因となっています。

男性上司や先輩からのアドバイスやサポート頻度が優しく丁寧であるほど、業務上の指示で行った内容であっても勘違いしやすくなります。

しかし、職場不倫を狙う男性はお姫様扱いされたい女性の心を鷲掴みにする手段を持っているので、人妻不倫へ誘い込みやすくなるわけです。

特に独身時代にチヤホヤされた経験がある女性ならば、あの頃と似たようなか弱い女性として大切にしてもらえていることを実感できるだけで、不倫の誘いに乗ってしまいやすくなります。

本当は男性の性欲を満たすためという身勝手な理由であっても、つい1度だけなら良いかと応じてしまい深みにはまってしまいます。

人妻不倫は精神的な結びつきが強く秘密主義となりやすい

男性とは異なり人妻不倫は、ホテルデートを続けることにより精神的な結びつきが強くなるので、家庭と不倫を完璧に分けて考える傾向が強いです。

単純で分かりやすい男性の不倫とは異なり、人妻不倫は連絡している証拠を残さずに行える女性が多いことから、常に人妻不倫が発覚するとは限りません。

多くは相手側男性が不倫を行っていることが家族にバレて、人妻不倫が発覚するという流れが多いです。

このため、人妻不倫の疑いを持った夫が不倫の証拠を掴むことは、既に不倫関係が盛り上がっているタイミング以外は見つけにくくなります。

人妻不倫をされる夫は、日頃から配偶者のことをしっかり見ていないことが多く、家族を養うために頑張って働かなければならないというがむしゃらタイプほど妻のことを見ていません。

人妻不倫が起きてしまう家庭は、夫が妻に関心を示さなくなることがキッカケとなりやすいです。

人妻不倫と探偵

人妻不倫を見破るためはに、夫が不審に思っても妻の不倫を暴くことは現実的に難しいと考えられています。

なぜなら、妻の方が平日昼間自由になる時間が多く、共働きであっても多くは妻の帰宅時間が夫よりも先という場合が多いからです。

仕事を休んで監視することはできないので、探偵を雇って不倫の疑いがある日を集中的に尾行調査する必要があります。

専門家に任せることにより、証拠写真や動画と共に人妻不倫が行われているかどうかを調査結果から判断しなければ難しいです。