探偵調査サイト 【タンカツ】

監視アプリを使って自分で浮気調査を行うのは推奨できない理由

監視アプリを使って自分で浮気調査を行うのは推奨できない理由

巷で話題を呼んでいる監視アプリとはどのようなものか?

防犯対策に役立つスマホアプリの中で、遠隔操作できるタイプの監視アプリはパートナーの浮気調査にも使えるとして話題を集めています。

大半の監視アプリはGPSを使った位置情報の取得機能だけでなく、さまざまな機能を遠隔操作で実現できる点が特徴です。

監視アプリはもともとスマホの紛失や盗難対策に使われていた技術を応用し、インストールしたスマホを別の端末から遠隔監視できるように進化してきた経緯があります。

そのため監視アプリは子供や認知症を患う高齢者の行動を把握し、安全を見守りながらいざという場合に備えるのが本来の使用目的です。

その他にも夫婦間や恋人同士で同意しながら互いのスマホに監視アプリをインストールし、相手の現在地や行動をパートナーにリアルタイムで把握できるようにするような使い方も考えられます。

iPhoneにインストールされているiCloudのように無料で使えるアプリもありますが、高機能の監視アプリは有料のケースが大半です。

監視アプリには浮気調査にも利用できる便利な機能が満載

監視アプリは遠隔操作で相手の行動を把握できる機能が充実しているため、自分で浮気調査を行う目的にも利用されるようになったのは自然の成り行きと言えます。

浮気調査を行うには相手に気がつかれないように行動を追跡する必要がありますが、その手法としては尾行による追跡やGPS発信機を使った調査が一般的でした。

相手のスマホに監視アプリをインストールしておけばGPS発信機の代わりに使えるだけでなく、過去にさかのぼって位置情報を把握することも可能です。

監視アプリの機能はアプリごとに異なりますが、通話履歴やメッセージの閲覧を遠隔操作でできるアプリも少なくありません。

LINEのようなSNSを使ったやり取りが見られる監視アプリもあるため、浮気調査には強力な武器になってきます。

端末に保存されている写真や動画を見られる監視アプリの他、遠隔操作でカメラを起動し自動的に撮影できるアプリまで存在します。

音声を録音できるタイプの監視アプリを使えば盗聴さえも可能ですが、使い方には注意が必要です。

監視アプリは相手にバレる可能性が低くないという事実

以上のような機能が搭載された監視アプリがあれば、プロの探偵のような追跡調査も実現できるようになりました。

これほど便利なアプリを誰でも手軽に利用できるようになった点は、目を見張る技術の進化と言えます。

浮気調査を行うのにプロの探偵を雇えばある程度の費用が必要になってくるだけに、有料であっても監視アプリを使った方が安く済むのは事実です。

とは言え監視アプリを使って自分で浮気調査を行うのは、決しておすすめできるやり方とは言えません。

夫や妻であれ恋人であれ、浮気調査は相手の同意を得ないで気づかれないようにこっそり行うのが普通です。

普通は監視アプリをどうやって相手のスマホにインストールするかが問題となり、インストールに成功したとしても相手にバレる可能性は決して低くありません。

インターネット上にも監視アプリがスマホに入っているかどうかを確認する方法が数多く公開されているだけに、ちょっと検索すれば誰でも監視アプリの発見方法を知ることができます。

監視アプリを使って浮気調査をした場合に考えられるリスク

監視アプリを使って浮気調査をしていた事実がバレてしまった場合は相手が憤慨し、修復困難のトラブルに発展することが避けられません。

浮気調査に監視アプリを使うリスクは相手にバレやすいという点だけではなく、違法性に問われる可能性もあるという点にも注意が必要です。

監視アプリを使って本人の了承なしに相手の行動を監視していた場合に引っかかる可能性があるのは、不正指令電磁的記録供用罪という法律です。

もともとはハッカーのように高度なITスキルを持つ人が技術を悪用した場合に適用される法律でしたが、監視アプリは便利すぎるだけに一般の人でも使い方を誤ればこの法律に違反する可能性が出てきます。

この他にも監視アプリをインストールする目的で相手の了解を得ずにIDやパスワードを入手すれば、不正アクセス禁止法にも違反しかねません。

監視アプリが普及する以前は通話履歴やメールのやり取りを見るために、浮気を疑う相手の携帯やスマホをこっそりのぞき見るしかありませんでした。

この場合は夫婦間でもプライバシーの侵害に該当しますが、勝手に監視アプリをインストールして遠隔操作でスマホの中身をのぞき見る行為でも変わりありません。

浮気調査は監視アプリではなく探偵に依頼するのが安心

監視アプリは子供の安全見守りなど防犯対策の目的で使用するなら問題ありませんが、浮気調査のような目的に使う場合は慎重になる必要があります。

監視アプリを使った浮気調査のリスクとして、必ずしも決定的な証拠が得られるとは限らないという点も挙げられます。

監視アプリの中には遠隔操作で写真撮影が可能なアプリもありますが、裁判に使えるような証拠が得られるケースは決して多くありません。

高度に進化した監視アプリと言えども機能には限界があり、ホテルや浮気相手の自宅に出入りしているような写真・動画を撮影するのは困難です。

裁判まで視野に入れて浮気の決定的証拠を確保する目的の調査であれば、監視アプリではなくプロの探偵に依頼するのが無難なやり方です。

浮気調査のプロでもある探偵は調査対象に気づかれないで追跡したり張り込みをしたりする技術を持ち、浮気の決定的な証拠も写真や報告書の形で残してくれます。

相手にバレないように浮気調査を進められるだけでなく、依頼主が違法性に問われるリスクがない点でも探偵に依頼した方が安心です。