探偵調査サイト 【タンカツ】

ストーカー被害は命に関わる恐れもあるほど怖いものだからこそ探偵が必要

ストーカー被害は命に関わる恐れもあるほど怖いものだからこそ探偵が必要

ストーカー被害は誰にでも起こりうるので注意が必要

ストーカーと聞くと若い女性やモテる男性が被害者になる構図が想像されますが、必ずしもそういったタイプの人だけが被害に遭うとは限りません。

ストーカーは自分の要求が通らなかった際の復讐の感情から発生する嫌がらせ行為が多くなっています。

そのためちょっとした愛情のズレや金銭トラブルも引き金となりますので誰でも被害者になる可能性は十分にあり得るのです。

ストーカー行為に遭わないためには無用なトラブルを極力避けることが一番ですが、ストーカーは相手の一方的な感情から始まるので完全に防ぐことは簡単ではありません。

万が一ストーカー被害を受けたならば探偵を使うなど、自分で対策を取らなければ被害はどんどん大きくなります。

ストーカーは最悪の場合は命に関わる怖いものですので、注意するに越したことはありません。

ストーカーの原因は加害者だけではなく被害者にあることも

ストーカーはニュースでも報道される大きな事件に発展することも多々ありますが、その原因は本当に些細なことです。

そのため被害者もなぜ自分がストーカーされているのかもわからないまま、その陰に怯えて暮らすことになってしまいます。

ストーカーになりやすい人の特徴として自己愛の強さや他人から拒絶されることへの弱さが挙げられますが、これは程度の問題ですので誰にでもあることです。

例えば恋愛を例にすれば、普通に好きな相手であれば振られてもどうにか切り替えることができますが、人生を賭けて愛して相手に拒絶されてしまえばダメージは大きいです。

振った側としては数ある恋愛の1つに過ぎなかったとしても振られて側には大問題となりストーカーに変貌させる原因となるのです。
ストーカーの怖いところは普通の人だと思っていてもどこで豹変するかわからず、そのスイッチがどこで入るかも他人には読めないところです。

知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまい自分のちょっとした言葉や行動が原因で相手をストーカーにしてしまう恐れがありますので、一概にストーカーだけが悪いとは言い切れないのです。

金銭トラブルがストーカー被害に繋がることもある

ストーカーの原因は愛情に関するものばかりとは限らず、金銭トラブルが原因となることも十分あり得ます。

そして金銭トラブルの場合のストーカーは、加害者側は自覚してあえてストーカー行為を選んでいるケースが大半で嫌がらせのためには容赦がありません。

金銭トラブルとなると個人間の問題だけに留まらず集団でストーカー行為を仕掛けてきますので精神的なストレスは尋常ではありません。

一番わかりやすいのは借金トラブルですが、この場合は支払うまでストーカーは続きますが、逆を言えば目的を果たしてしまえばストーカーをする理由はなくなるので止まりやすいです。

我を見失ってストーカー行為に走るパターンとは違い冷静さがあることは容赦がないという怖さがある半面、終わりが見えているという救いはあることが特徴です。

ですが、ストーカー行為による追い詰めが許されるわけではありませんので、仮に自分に支払っていないという負い目があったとしても身の危険を感じるようであれば警察なりに相談をする必要があります。

脅迫は犯罪となりますので危険に晒される前の対応をしてください。

ストーカーで多い恋愛トラブルを防ぐのは簡単ではない

ストーカーを生みだす原因で多いのは恋愛トラブルですが、これはごく常識的な生活を送っていても起こることですので防ぐことは簡単ではありません。

定番のパターンで言えば恋人同士の別れから諦めきれない一方がストーカーとなり満たされない想いを果たそうとしてきます。

片思いのパターンも同様で、相手から受け入れてもらえなかったことを認めることができずに愛情が憎しみに変わってストーカーに変貌します。

恋愛トラブルは顔見知りに限らず、偶然電車に乗り合わせたなどのまったく予期せぬところから始まることもあります。

ストーカーだけが自分のことを知っていて、一方的に歪んだ愛情をぶつけられる不気味さは群を抜いていますが、そもそも知らない相手なので注意のしようがありません。

恋愛トラブルを発端したストーカーの怖いところは受け入れられなかった憎しみや、好きな相手を自分のものにしてしまいたいという破綻した思考により命を奪われる危険性を孕んでいるところです。

ストーカーの影を感じた時には、身に覚えがないからと楽観せずにすぐに警察に相談するようにしてください。

ストーカー対策をとるならまずは探偵に相談すると安心

ストーカー被害に遭った場合、警察に相談して守ってもらうのが鉄則ですが警察がそこまで迅速に動いてくれないことは各事件の報道を観れば周知のことです。

個人間のトラブルはデリケートな問題であり、明らかに危険な行為が起こらない限りは警察も本腰を入れて動くことができないのが実情です。

警察に動いてもらうにはストーカーの証拠があるのがベストですが、その証拠集めを手伝ってくれるのが探偵です。

ストーカーは巧妙に尻尾を隠すのが上手いですが、探偵にストーカーを見張ってもらうことで動かぬ証拠を掴むのです。

時には誰がストーカーかわからないこともありますが、そんな場合でも探偵は調査によって特定してくれます。

その他も自宅が盗聴や盗撮をされていると感じるようであればそれらの機会を探してもらうという依頼も探偵にはすることができます。

探偵を雇って周囲を調べてもらうことは証拠集めにもなりますが、ストーカーを抑止する効果も期待できます。

ストーカーは被害者が何もできないことにつけ込んできますが、探偵が見張っているとわかるだけでも逮捕の危険を感じるものです。

ストーカー行為にお悩みであれば自衛のためにも探偵の活用は真剣に検討すべきです。